院長ブログ

【包茎・長茎手術6ヶ月後】術後のSEXや術後の状態について聞いてみた!

登場人物

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

患者様:ハリポタさん(24歳)

包茎・長茎手術6ヶ月後

萩原:はい、ハリポタさんの6ヶ月後検診です。6ヶ月後はなかなか見せていただくことがないので、貴重だと思います。包茎手術を抜糸式でお受けいただき、切らない長茎術もお受けいただきました。ハリポタさんお疲れ様でした。6ヶ月という期間の中で、特に見てらっしゃる方々は、性行為はどうなんだとか、人前で脱ぐ時どうなんだっていう、半年後を気にされている方が多いと思うので、ぜひそのあたりのコメントをたくさんいただければ幸いでございます。ちなみに、下世話なことをうかがいますが、もう使いましたか?

患者様:そうですね、はい。

萩原:もちろん6ヶ月経ってますから、ご自分でしてないということはないと思います。

パートナーとのSEXについて

萩原:パートナーをともなったSEXはどうでしょう?

患者様:ありますね。

萩原:では、そのあたりの手術前・手術後の感想、どうだったかっていうのも伺っていければと思います。術後1ヶ月間は性行為が禁止なんですが、もちろんその間はマスターベーションもなさらず、SEXもなさらず、注意事項は守っていただけた?

患者様:そうですね。

萩原:はい、ありがとうございます。初使いはいつ頃でしたか?

患者様:先生に「大丈夫だよ」と言われてからなので、そこから1ヶ月くらいやっぱりちょっと不安があったので、使わず…

萩原:トータル2ヶ月!?手術後から…。なかなかない経験ですよね。

患者様:そうですね。

手術後の夢精について

萩原:一般の方に手術前によく聞かれるんですが、夢精しませんか?って聞かれるんですが、2ヶ月溜めても大丈夫でした?

患者様僕は大丈夫でした。

萩原:24歳でまだまだお若いですけれども、なかなか夢精ってしないものなんですよね。種々後ガマンしてても、わりと大丈夫であります。

ムラムラ、射精したい気持ちはどうだった?

萩原:ムラムラしたりとか、出したい衝動に駆られるみたいなのはなかったですか?

患者様:術後の方があったかもしれないですね。術直後から3日目くらいまでですかね。抜糸して、その後何も付いてない状態だとやろうと思えばできちゃうので、むしろエッチなことを考えなくなったというか。

萩原:いつでもできるよと思うと…

患者様:いっかあとでって。

手術後の初めての射精について

萩原:なるほど。初めてがマスターベーションでした?

患者様:そうです。

萩原:使ってみての感想どうでした?やっぱりちょっと最初射精しにくいなとかイキにくいな感はありましたか?

患者様つっぱる感じはやっぱりまだあったので、今は全く問題ないんですけど。見た目に自信がなかったので、パートナーをともなってすること自体があんまり前向きに考えてなかったんですけど、手術が終わってからは、なんとなく自信がついたのか、勃ちがよくなった。副産物的な効果を得られたので、すごくよかった。

萩原:今ハリポタさん「副産物」とおっしゃいました。偶然にもそういう効果が得られた、見た目に自信がついて、勃起しやすくなったとおっしゃいますが、実はこれあるあるなんです。かなりですね、メンタル的に自信ないで縮こまってたものが解放される感じというか、人前で堂々で出せる・脱げるっていうふうに思えるので、「行為が始まる前にむいておかなきゃ…」とか、そういう余計なわずらわしさがないので、スッと脱げるっていうことでギンギンになりやすいっていうのはあるかもしれないですね。

手術後のSEXについて

萩原:初めてのSEXっていうのは、マスターベーションをどれくらいこなしてからでしたか?

患者様:結構してからですかね。

萩原:射精的には楽になってからSEXに臨んだということですか。それは手術から考えてどれくらいあとでしょう?

患者様:一人でやるようになって、2週間後とかそのぐらいですかね。

萩原:たまたま?その時は約束しててみたいな感じですか?

患者様:たまたまです。

萩原:羨ましい…。脱ぐことも抵抗なく?

患者様抵抗なくですね。不安はあったんですけど、「大丈夫なのかな」みたいな、ちゃんと使えるのかどうか。

萩原:なるほど、はい。傷が開いたりしないかとか、出血しないかとか。

患者様:自分でもやってたので、大丈夫だろうという感じで。

萩原:パートナーの方は手術前のハリポタさんの状態も知ってらっしゃる方?

患者様:知ってますね。

萩原:知ってらっしゃる。行為自体はどうでした?普通にできました?

患者様特に何も変わりなくというか、相手も手術したことも知ってるので、「よかったんじゃない」っていう。

萩原:なるほど。手術前と手術後を知ってらっしゃると、結構多くお声をいただくのは、手術後の方がやっぱり余分な皮がアコーディオン状に勃起した時も余ってたものが入ってくるようにもう、ないほうがカリが張るので、こすられやすいっていうところがある。あとはしっかりと張って見えるので、パートナーからするとゴクッと喉が鳴るというか「なんかよさそう」という感じにとってくれる人が多いようです。

萩原:今は性行為自体は全く問題なく?

患者様:問題ないですね。

勃起時のつっぱりについて

萩原:勃起時のつっぱり感はどうでしょう?ペニサプや裏ペニサプ出てくださる方っていうのは、3ヶ月後くらいまでの経過を追っているので、まだつっぱり感ちょっとありますって方いらっしゃるんですね。どうですか?今現在は。

患者様半年も経てば、手術前と変わらないといいますか、つっぱり感とかは特に何もなくなりましたね。

萩原:どれくらい感じてました?

患者様3ヶ月経つか経たないかくらいまでは不意に感じるし、シャワーの時に一瞬ズキッっていう痛みが走ったりっていうのも4ヶ月入らないくらいまではあったんですけど、それ以降はもう何もなく。

萩原:今のシャワーのズキッはですね、私も経験してまして、水圧が当たるとビリビリする感じですかね。そうなんですよね。傷がしびれるような感じがあるので、そういうことがあったかもしれません。私はもうちょっとビリビリ感が長かったんですよね。半年くらいはあったかな。直接当てれば鍛えられるかなと思って積極的に当ててたんですが、手術担当してくれた先生にふと言った時に「そんな男気出さんでええで」って言われて、「傷が治っていく過程だから、半年くらいはしょうがないよ」って。確かにそれくらいでぴたりと止まりましたけれども。

仕事で困ることはあった?

萩原:お仕事その他どうでしたか?何か困ることってありました?

患者様術後すぐは座る姿勢を気にしたりだとか、運動できなかったりとか色々ありましたけど、抜糸してからは本当普通に日常生活に戻れてるし、何なら包帯巻いてても別にデスクワークができないとか、立ち仕事ができないというわけではなかったので、仕事には支障はなかったですね。

萩原:はい。手術自体はご本人の中ではどうでしたか?

患者様:間違いなく、やってよかったですね。

萩原:ありがとうございます。先ほどの手術の効果の面には長さも含まれますか?

患者様:長さも含めてですね。

萩原:切らずに引き出すっていう長茎術を山本先生の手術でお受けいただいたんですけれども、根本の部分に関しては傷は全く残らないですからね。術直後からちょっとポツ、ポツと糸が通った跡があるくらいで、ぎゅっと入り込みやすい方でも頑張って外に引き出すようにしてます。勃起時の長さは変わらないんですけれども、平常時にこれまで埋まってたものが出やすくなるよっていう効果を期待して行う手術です。

温泉・サウナの利用について

萩原:温泉・サウナはどうでしょう?

患者様今まではタオルで巻いて、ずっと常に隠しながら入ってたんですけど、銭湯のシャワーですらここにタオルを置いてたんですけど、それは気にしなくなりました。

萩原:心の枷というか、全然悩んでない人たちにとっては「むけるんだったらいいじゃん」とか、「別に短くたっていいじゃん」っていう方大勢いらっしゃるんです。コメントで書かれることもあって、手術経験者の私たちとしては、意外と小さい問題じゃないよというところがありませんか?

患者様:そうですね…悩んでる人にしかわからないっていうところもやっぱあると思うんですよ。やっぱ精神的な面でもすごい気持ちが楽になったというか。この手術をしなければ多分一生死ぬまでずっとこの悩みって抱え続けてたんだろうなって思うと、人生においての1個の悩みが20代前半のうちに解消できたっていうのは自分の中ではすごい大きかったです。

萩原:そうですね。24歳でお受けになられた、僕23歳で受けたんですけれども。人生まだまだなわけで、60〜70代で受けるよりも、20代前半で受けた方が、はるかにメリットが多いと思うんですけど、多くの方はやっぱり怖い。ハリポタさんも心配されてたように、何か不具合が出たらどうしようっていうことと、あとは費用的な問題ですね。そのあたりがどうしても三重苦になるというか、そこでずっとずっと悩んで悩んで、なかなか高齢になるまで決心できないって方も実際多く見てらっしゃると思います。みなさん受けるとね、「もっと早く受ければよかった」とおっしゃるんです。ただやっぱり生活スタイルとか、それこそ費用の問題とか諸々があると思いますし、SEXの頻度が多かったりすると、なかなか1ヶ月ガマンって難しいですからね。そのあたりの気持ちはよくよくよくわかります。

手術時期について

萩原:なぜ受けたのがあの時期だったんでしょう?

患者様:夏前に終わらせたかった。やっぱりもういつも仮性包茎って蒸れてるじゃないですか。夏場は特にジメジメしてるので、皮の除去もしたけれど、包帯巻いたりとかちょっと圧迫しなきゃいけないっていうのは大体前の動画とかも僕も拝見してたので、だったら夏入る前の方が楽なのかなっていう。

萩原:なるほどですね。実際どうでした?今秋口になりますけれども、今年も暑かった!とうでしたか?ジメジメ感とかにおいとか、そういうのはいつもの年と比べて。

患者様:全然なかったですね。

萩原:そうなんですよね。サラサラして。手元とそんなに変わらないという感じなんですよね。実際に衛生的な部分に関しても、尿が手についても変なにおいがすることもなくなりますので、ぜひその辺で悩んでる方も検討していただければと思います。

包茎手術と切らない長茎手術の点数は?

萩原:ハリポタさん、今回の包茎手術と切らない長茎手術、点数何点いただけますでしょうか!?

患者様100点満点です。

萩原:ありがとうございます。料金的な面とかね、やっぱりどういう先生が対応してくれるかとか、我々のような職員がどういう人たちがいるかっていうのは患者さんはすごい気になると思うので、動画も1つのツールになると思うんですね。

患者様:僕もこれがきっかけだったので。

萩原:ペニサプを見てくださった。

患者様:はい。これがなかったらもしかしたらここで受けてないかもしれないぐらい、全てをさらけ出してるクリニックってそんなにないじゃないですか。

萩原:ないですね。

患者様:だからこそ安心できたし、色々相談もさせてもらいましたし。すごくよかったです。

萩原:ありがとうございます!今後も顔出しバンバンでいきたいと思います!ハリポタさん6ヶ月間お疲れ様でした。卒業です!ありがとうございました!

患者様:ありがとうございました。

タグから選ぶ

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る