院長ブログ

意外と知ってる人は少ない!?切らずに包茎を治す方法を紹介

登場人物

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

切らずに包茎を治す方法ってあるの?

萩原今回はですね、切らずに包茎を治す方法ってありませんか?よくご質問いただきます。いわゆるこうやって包茎の状態、かぶった状態を治すには、どうしたらいいか?切らなきゃダメなのか、切らずにいけるのかということを解説したいと思います。

切らずに包茎を治すには?

萩原:最近出てきたクリニックで、根本の部分で皮をおさるというすっごく古く流行ったやり方を「お試し包茎手術」みたいので言っている病院があったので、ちょっとそれを検証したいというか解説したいと思って、今回撮っていきます!まず、切らずに包茎を治すにはどうしたらいいか?っていうと、亀頭を大きくして、ダムの高さを高くして、皮をかぶらなくする。ペニスを長くして、皮を後ろに下げた状態にして、むけた状態にする。そして、根本で皮をつまむという、3つのポイントがあるわけです。

①亀頭を大きくしてダムを高く

萩原:で、1つ目、亀頭を大きくしてダムを高くすると、皮がかぶりにくくなるかというと、これはみなさん考えてみるとおわかりの通り、こういう状態で亀頭が大きくなるとここの皮の部分で引っかかるから、むけた状態になるわけですね。

萩原:むけた状態になるわけですけれども、これには条件があって、まずは仮性包茎であるということですね。締め付けが強い包茎の場合、どうしてもここがむくんでしまうので、むけるにはむけるけど、皮がむくんでしまうと、ブヨブヨした状態が維持されてしまうので形的にはよろしくない。亀頭をグッと増大させてここで皮をストップさせる、ただ、皮の余りが相当に多いとですね、ダムの高さを高くしても結局覆いかぶさっちゃうので追いつかないということがありますから、これは元々の皮のかぶり方にもよりますよという風に思ってください。亀頭増大で切らずに包茎を治すにはいい手段だという風に考えてます。これが1つ目。

②ペニスを長くして皮を下げる

萩原:2つ目です。長くしたら皮が後ろに下がるから、むけた状態になりますか?これ…あります!これも、締め付けが強い状態だと、どうしてもこの部分で引っかかってむけた状態を維持しませんから、グーンと長くして皮がその分後ろに下がると、亀頭が出やすくなりますよと。長茎術ですね。平常時の長さを出すっていう長茎術を行うことによって、包茎を治す。これは有効な手段です。実際それ希望される方も年間で多くいらっしゃいます。で、結局これはですね、長くできるかどうか全員じゃないので、状態を見て埋まってる長さがまだあるかどうか、いわゆる…埋蔵チンがあるかどうかですね、それを見極めて、効果が出るかどうかっていうのを先生に判断してもらう必要がある。それと、これも皮が多すぎるとちょっとやっぱりかぶっちゃうことがあって難しいことがありますので、長さがまだまだ埋まってる方、引き出せる要素がある方で、皮がすごいダラダラ余ってない方、多少は亀頭のカリ首、高さがあった方が引っかかりやすいので、包茎予防になるんじゃないかと思います。

③根本で皮をつまむ

萩原:最後3つ目。最近出てきたクリニックで、根本の部分で皮をおさえるというのをだしてるところがあります。「お試し」みたいな感じで書いてるんですけれども、これ私が入職した頃、30年ぐらい前はやってる病院さんいくつかあったんですね。ただ!実際にやってるかどうかというと、ほぼゼロだったと思います。こういう風にうたってる病院は本当はやってないんじゃないの?という風に疑ってます。特殊なのりを使って根本の部分でおさえる。特殊な糸を使って、根本の部分で縫い合わせておさえる。ただ、勃起した時に痛いです。そもそものりの効果がなくなったら戻っちゃう。糸って溶ける糸なの?溶けない糸なの?ということによって変わってくるのですが、現実的じゃないです。実は、どこどこってクリニックで切らない包茎手術、根本の部分で皮をおさえるということは書いてあったんですが、「やってますか?それって効果あるんですか?」って聞かれたりすることがあるんですけれども、正直…私たちはやってないと思ってます。昔からこういうのは広告出てくるけれども、やってないと思ってます。だから、実際にその病院さんがやってたらごめんなさい。受けたことあるよという人、ぜひ教えてください!効果がどれくらい続いたのか聞きたいです。いいとこ1週間かなと思ってます。特殊なのり…?セメダインみたいのでくっつけるってことだけど…かぶれるし、エッチの時痛いよね?

まとめ

萩原:こういったことで、切らない包茎手術というのは実際存在するのかどうか?皮の根本でおさえる、長茎で皮をかぶりにくくする、亀頭増大で皮をかぶりにくくする。根本でおさえるのはあんまり現実的じゃないかな。長茎か亀頭増大は十分ご本人の状態に寄っては改善の余地がありますので、実際にドクターが見てくれる病院で診察を受けて、判断をあおぐのもよしだと思います!必ず先生に見てもらってください。お医者さん見たい病院も最近多いですからね、気をつけてくださいね。というわけで今回は、切らずに包茎を治すことはできるかどうかということを特集しました。看護師さんお付き合いありがとうございました。食べ終わりました。

治療動画

※実際の治療の様子は動画をご覧ください。

萩原:おっしゃられてる通り、ちょっと皮が亀頭の真ん中ぐらいまでかぶる状態ですね。もともとがちょっと余し気味だったのかもしれませんね。体系的な部分で中に埋まるようになって、下っ腹にも脂肪がついてますからそれで乗っかりやすいというのがあるかもしれません。ダムの高さを高くして、ちょっとかぶりにくくなればというところですね。

※治療後

萩原:はい、治療が終わりました!悩みだらけさんちょっと肘をついて起き上がっていただけますか?こんな感じです。

患者様:すごいですね。

萩原:これは触るとですね、結構パンパンです。皮は前に持ってこようとしても、きません。良い状態だと思います。率直にどうですか?今の大きさは。

患者様:大きくなりました。

萩原:ありがとうございます。

タグから選ぶ

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る