症例写真

当院で包茎手術を受けられた患者様の症例写真(治療内容)をご紹介いたします。

真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

 

皮の先端が非常にせまく、これまでむいたことがない強い真性包茎の状態

 

手術後3ヵ月の状態。真性包茎もこの症例のように、きれいに治すことが可能です。

 

皮の先端を真上から撮影したもの。締め付けが日々の勃起によって無理に広がられて傷つき、炎症を起こしています。

皮の先端がリング状に炎症を起こしていることがわかります。炎症を繰り返すうちに先端のリングは狭くなり、締め付けが強くますますむけにくくなっていきます。

皮をゆっくりとむいたところです。これより下にはむいたことがないそうで、患者様はむくとかなり痛がられていました。

 

患者様の了解を得て、無理にむいた状態です。亀頭の半分以上が癒着(ゆちゃく:くっついている状態)を起こし、これ以上はむけません。亀頭は紫色になっており、短時間でうっ血状態となっています。このまま放置すると亀頭に血液が届かなくなり、壊死を起こす危険があります。

手術後3ヵ月の状態です。先端の締め付けを広げ、亀頭と包皮の癒着をはがし、亀頭直下で縫合することでこのように美しく治すことができます。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。
施術費用の目安 198,000円~253,000円
【男性公式】フェアクリニック川口 > 症例写真 > 包茎手術 > 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

川口院

  • 川口院

住所

  • 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-3 小田倉ビル2階GoogleMap >
  • 電話受付 10:00~20:00

0120-727-242

東京院

  • 東京院

住所

  • 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 日本橋さくらビル6階GoogleMap >
  • 電話受付 10:00~20:00

0120-727-242