症例ブログ

他院包茎手術後の傷あと修正

 

(上記:画像1)

(上記:画像2)

(上記:画像3)

今回は、他院で包茎手術を受けた方の修正手術について紹介します。

いわゆるピンクと茶色の皮がはっきりと分かれている、「ツートンカラー修正」の症例です。

上記の画像1~3のように、包茎手術後の傷あとが亀頭直下から離れて目立つ位置に来ている、色がピンクと濃い茶色の2色に分かれていることから、温泉やサウナ、介護や入院時の見た目が恥ずかしい、女性の前で裸になりにくい、などの悩みを持つ方がおられます。

特に勃起すると、はっきりと皮が2色に分かれ、境目に傷あとが来ているため気になるとのことでした。

 

(上記:画像4)

皮に余裕があり、通常は亀頭の半分までかぶる状態です。

傷あと修正を行う場合、勃起時の長さを予測して引っ張り、皮に余裕があるか否かを見て手術の可否を判断します。

主に内ばんと呼ばれるピンクの皮と、ふくらみを持つ傷あとを切除し、美容外科的に縫合します。

できるだけ、亀頭直下法・亀頭直下埋没法と呼ばれる仕上がりに近づけるようにします。

以下は、上が修正手術前、下が修正手術後1か月半の状態です。

(上記:画像5)

 

(上記:画像6)

(上記:画像7)

修正手術によって、堂々と脱げるようになった、と大変喜んでいただけました。

亀頭直下埋没法できれいに仕上がった状態、と同じような仕上がりになっています。

他院で受けた包茎手術後の傷あとでお悩みの方は、多くおられます。

美しい仕上がりに修正するために、経験のあるクリニックで診察・相談、納得のうえで手術を依頼なさることをおすすめします。

【男性公式】フェアクリニック川口 > 症例ブログ > 他院修正 > 他院包茎手術後の傷あと修正

川口院

  • 川口院

住所

  • 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-3 小田倉ビル2階GoogleMap >
  • 電話受付 10:00~20:00

0120-727-242

東京院

  • 東京院

住所

  • 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 日本橋さくらビル6階GoogleMap >
  • 電話受付 10:00~20:00

0120-727-242