症例写真集

包茎の症例

仮性包茎手術(亀頭直下法)

  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)
  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)

左は手術前、右は手術後(1ヵ月後)の状態です。傷は亀頭の真下で隠れており、目立たない状態です。おおいかぶさる包皮がなくなることで、ペニスが長くなっていることがわかります。

  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)
  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)

左は手術前、右は手術後(1ヵ月後)を左側から撮影したもの。

  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)
  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)

左は手術前に、皮をむいた状態。右の手術後1ヵ月と比べ、亀頭が小さく見えます。

  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)

抜糸前の傷の状態です。黒い糸はナイロン製の細い糸で、手術後2週間で、抜糸を行えます(抜糸の必要のない、吸収糸もお選びいただけます)。

  • 仮性包茎手術(亀頭直下法)

手術後のうらすじ(小帯)です。小帯も自然な状態で仕上げることが可能です。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

  • 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)
  • 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

皮の先端が非常にせまく、これまでむいたことがない強い真性包茎の状態。右は手術後3ヵ月の状態。真性包茎もこの症例のように、きれいに治すことが可能です。

  • 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)
  • 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

左は皮の先端を真上から撮影したもの。締め付けが日々の勃起によって無理に広がられて傷つき、炎症を起こしています。右の写真でも、皮の先端がリング状に炎症を起こしていることがわかります。炎症を繰り返すうちに先端のリングは狭くなり、締め付けが強くますますむけにくくなっていきます。

  • 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

皮をゆっくりとむいたところです。これより下にはむいたことがないそうで、患者様はむくとかなり痛がられていました。

  • 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

患者様の了解を得て、無理にむいた状態です。亀頭の半分以上が癒着(ゆちゃく:くっついている状態)を起こし、これ以上はむけません。亀頭は紫色になっており、短時間でうっ血状態となっています。このまま放置すると亀頭に血液が届かなくなり、壊死を起こす危険があります。

  • 真性包茎(亀頭直下法+絞扼除去+癒着剝離)

手術後3ヵ月の状態です。先端の締め付けを広げ、亀頭と包皮の癒着をはがし、亀頭直下で縫合することでこのように美しく治すことができます。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

亀頭直下法の傷あと

  • 亀頭直下法の傷あと

亀頭直下法の手術後3ヵ月の状態。傷あとは見えません。

  • 亀頭直下法の傷あと

亀頭を引っ張った状態。亀頭の真下に沿うように傷あとがありますが、目立ちません。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

包茎手術と亀頭増大(リパスG 2cc)

  • 包茎手術と亀頭増大(リパスG 2cc)
  • 包茎手術と亀頭増大(リパスG 2cc)

仮性包茎を亀頭直下法で手術し、亀頭部へリパスGを2cc入れた症例です。左は手術前、右は手術後1ヵ月半の状態です。

  • 包茎手術と亀頭増大(リパスG 2cc)

包茎は亀頭を圧迫し成長を妨げるため、亀頭が小さいまま成長が終わるケースも多くあります。上記は手術前に皮をむいた状態です。皮が亀頭直下にアコーディオン状に集まり、亀頭よりも陰茎(サオ)のほうが太く見えます。この場合、女性の膣に挿入しても亀頭が膣にこすりにくいため、「機能的に小さな亀頭」という印象を女性に与えがちとなります。

  • 包茎手術と亀頭増大(リパスG 2cc)

包茎手術と亀頭増大を行うことで、亀頭がしっかりと露出し大きく見えるだけでなく、女性の膣へ当たりやすくなるため、刺激を与え与えやすい亀頭に変わることができます。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

包茎手術と亀頭増大(リパスG 2.5cc)

  • 包茎手術と亀頭増大(リパスG 2.5cc)
  • 包茎手術と亀頭増大(リパスG 2.5cc)
  • 包茎手術と亀頭増大(リパスG 2.5cc)

仮性包茎で亀頭の張りがない状態を、包茎手術(亀頭直下法)と亀頭増大(リパスG 2.5cc)でボリュームアップしたペニスに変わった症例です。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

包茎手術で長くなった症例

  • 包茎手術で長くなった症例
  • 包茎手術で長くなった症例
  • 包茎手術で長くなった症例

加齢や体型の変化によって、ペニスが埋まり短く小さく見えるケースがあります。写真のように、特に座った時に埋まるケースが多く見られます。包茎手術(亀頭直下法)によって包皮がペニスを体内に押し込めることがなくなるため、ペニスがだらんと出やすくなり、長く見える効果があります。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

根部切開法、根元切開法の症例

  • 根部切開法、根元切開法の症例
  • 根部切開法、根元切開法の症例
  • 根部切開法、根元切開法の症例

ペニスの根元で皮を除去し、縫合する「根部切開法」の症例です。亀頭直下法と根部切開法の両方を行うクリニックは国内でも少なく、根部切開法を行う専門院を探して当院へ来られる方も少なくありません。
写真左は手術前、中央は手術直後、右は抜糸直後の状態です。この方は陰毛の脱毛を行っていますが、抜糸直後から傷が目立たないことがわかります。

  • 根部切開法、根元切開法の症例

ペニスの裏面の写真です。ペニスの付け根一周で包皮を切除、縫合していることがわかります。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

仮性包茎を亀頭直下法で手術し、清潔な状態となった症例

  • 仮性包茎を亀頭直下法で手術し、清潔な状態となった症例
  • 仮性包茎を亀頭直下法で手術し、清潔な状態となった症例
  • 仮性包茎を亀頭直下法で手術し、清潔な状態となった症例

左は手術前、中央は皮をむいた状態、右は手術後2週間の抜糸直後の状態。
仮性包茎でも日常的に皮がかぶっていると、常にジメジメしにおいや恥垢(ちこう)などの汚れやすいことも悩みになります。包茎手術(亀頭直下法)で亀頭がしっかりと露出すると亀頭は常に乾き、非常に衛生的になります。

リスク・副作用 治療後一時的に、内出血や腫れが生じることがあります。

地図

フェアクリニック川口

すべて柴田院長・山本医師が治療を行うクリニックです。
川口駅直結で最高のアクセスです。
(川口駅東口1分)

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-5-1 川口ミツワビル 6F

tel0120-727-242

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る