院長ブログ

ペニスの皮が剥けない!癒着について解説!

登場人物

柴田院長:お受けいただきやすい価格、良質な美容医療を提供する地元密着型クリニックの院長先生

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

ペニスの癒着について

萩原:事務長の萩原です。今回はペニスの癒着についてお話をしたいと思います。癒着というのはくっついている、一体化しているという状態を言うんですけれども、ペニスの癒着って何なのか?というと、自分がその状態だと分かる人には分かる、あるいはお子さんがそういう状態の人というパパさん・ママさんには分かる状態と思いますけれども。

癒着していると皮が途中までしか剥けない

萩原:本来はまずこれ絵を描きましたが、かぶっていてむいてみると締め付けの大小あれこそ亀頭がツルンと出てきてカリ首もグルっと一周出てくるんですが、癒着を起こしている方というのは途中までしかむけなくて、表から見たところ、裏から見たところなんですけれども、それ以上は皮がはがれてくれない、その先にいってくれない、要はむけきらないという状態なんです。

萩原:締め付けがあるためにむけきらないのではなくて、皮と亀頭がくっついている状態なんですね。もっと分かりやすく言うとこの状態です。ペニスの断面図です。

萩原:ペニスの先には尿道口、おしっこの出口があって亀頭があります。そこを皮がおおっているんですが、赤い箇所でくっついちゃっているんですね。くっついてここから先が要はむけない、もういかないんです。

癒着を治す治療

萩原:皮膚が一体化してしまっているのでどういう治療を行うかというと、癒着の部分をメスで開いていくんです。その奥には亀頭の形があるので、こういう感じで今セロテープが付いていますけれどもこうやって剝がしていって皮と亀頭を独立させてあげる。ちょっとビリビリ言うてますが…。独立させてあげる。これはちょっと痛々しくなっちゃった…(笑)くっついている状態を剥がすという癒着剥離という治療なんですね。真性包茎の方は結構この癒着をしているケースがある事。あとは強いカントン包茎の方で長らくむいていない方に起こり得る状態です。中で炎症を起こしていてジュクジュクしたりしていると、前まではスムースにむけて亀頭が全部露出できていたものが、露出していたものが中で炎症を起こしてずっとくっついている事によって剥がれなくなっちゃった、要はそれ以上先にむけなくなってしまったという状態を「癒着している」というふうに言います。今回は癒着剥離の模様を柴田先生に解説をしてもらいながら実際の映像も見て頂きたいと思います!ちょっとグロテスクです♡どうぞ‼

柴田先生:包茎の状態が長い方は包皮と亀頭が癒着する事があります。おそらくずーっとくっついている事で皮膚が傷になって、それ同士がくっついていると推測できるんですけど。その場合は手術的に外科的に切って剥がさないといけない。丁寧な操作が求められます。

癒着を剥がした後のペニスの状態は?

萩原::剥がした後、癒着剥離をした後はすりむいたような赤みが続きますか?

柴田先生:続く時もあります。

赤みがそのまま残る事はある?

萩原::赤みがそのまま残る事はありますか?

柴田先生:いずれおさまると思います‼

萩原::分かりました。剥がす作業だけが大変で、あとは普通の包茎手術と同じ工程と考えていいですか?

柴田先生:はい。

剥がす作業のみ大変だが、あとは、包茎手術と同じ工程

萩原::分かりました。ありがとうございました。

タグから選ぶ

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る