院長ブログ

当てはまったら要注意!あなたも隠れカントン包茎かも?

登場人物

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

隠れカントン包茎

萩原:こんにちは、萩原です。実は自分では自覚していなかったけれども言われてみればきつかった“隠れカントン包茎”についてお話をしていきます。隠れカントン包茎、隠れ締め付けとはどういうものかというと、むいた時にこの部分がギュッとくびれる、絞扼というふうに言うんですけれども、くびれが生じる事によって本人はそれが当たり前だと思っているんですが、実はこういう感じで「きついよ」という感じなんですね。

萩原:無理矢理マフラーをここの部分でギュッと締められて「きついな」という感じが、自覚している方も自覚してない方もいらっしゃるので、自覚していない方のことを「隠れカントン包茎」と呼びたいと思います。どういう状態かをイラストで説明しますと、こういうふうに先端の部分が皮の余りで包まれている。

萩原:尿道口と言っておしっこの出口、この時点では見えていません。これは仮性包茎の方なんかでもあるあるです。これをギュッとむいていった時におしっこの出口が見えてきました。ここから早くも締め付けが始まっている事があるんですね。カントン包茎や真性包茎の場合だと、本当に普通にむけるのはここまでなんですが、隠れカントンの場合はもっと出てきます。むく事もできます!むいちゃえばこういう状態になるんですけれども、ギュッとくびれているんですね。

萩原:この部分というのはどうなっているかというと、皮膚のくびれ、要は…ウエストがキツイズボンを無理矢理履いている状態で、なおかつ中の組織が硬いんですね。勃起した時に本来はグーッとここまで大きくなるはずが、ここの部分が実は大きくなりきれていないのでちょっと陰茎の太さでも損をしてますよという状態です。動画を用意していますので、むいているところをちょっと見てください‼

動画で確認!隠れカントン包茎

※詳細は記事上部の動画から御覧下さい

萩原:見て頂いて、この方のむいた状態の写真がありますけれども、横から見たところなどを用意しましたが、ここの部分がやっぱりくびれちゃうんですね。ギュッとくびれます。この箇所はどういうふうに手術をするかというと、締め付けは締め付けで除去をします!皮がくびれている、ウエストがきつくて中のベルトもギュッときつく締められた状態なので、外側の要はズボンの生地にあたるところに切れ目を入れつつ、そのくびれも1回広げてあげながら中のベルトも何箇所かチョキンと切ってほぐします。そして広げる。そうするとギューッと詰まっていたものが本来のサオの太さに合わせて楽になります。

萩原:そうすると勃起した時でもここの部分はグッと膨らみやすくなるよという状態ですね。

隠れカントン包茎あるある

萩原:隠れカントン包茎あるあるなんですけれども、どうしてもギュッと普段は締まっているのでほとんど空気の通り道がないですから非常に汚れやすい、においやすい、カスが溜まりやすい、ヌルヌルしやすいという衛生面のデメリットがまず1つあるという事と、むいておいてふいに勃起したりすると、やっぱりクッとかむ感じがあって痛いんですね。なので勃起したりSEXしたりする時にちょっと難儀を感じる方もいらっしゃる。もう1つ。ずっとかぶっていてなかなか外に出ていないので、さっき汚れやすい。衛生的に問題があるというお話をしましたけれども、外の刺激に普段はほとんど触れていないので出てくるとやっぱり敏感なんです。いわゆる早漏の原因になる。もう1つ。勃起した時にここの部分にギュッと締めつけていますから、十分に膨らみきっていないというのと。加えてここでギュッと締められた状態で挿入していると、ここをすごく動かしているので手でシゴいているのと同じ状態になっちゃうんですね。亀頭が敏感というだけではなくて、時計のこの位置がギュッと締まってますからここの部分がグリグリ押されると、サオを手でシゴいているのと同じことになっちゃうという事で、意外と見た目だけではなくて衛生的な部分とか機能面に関してはデメリットが多いのが隠れカントン包茎なんです。

萩原:「早漏なんです…!」というような方って普段むいていない、むき慣れていないから(包茎に)なるという話をする事が多いんですけれども、じゃあむいて亀頭が慣れました。でも勃起した時にこのくびれが陰茎をやたら締め付けてグリグリやっちゃうと…射精がどうしても早まっちゃうんですね。マスターベーション、いわゆるオナニーの時なんかはまだ自分で制限ができる・加減ができるからいいんですが、SEXの時はどうしても相手の求めに応じなきゃいけない…動かしていて「もっと早く!」とか、「もっと奥まで!」みたいな事を言われると可動域も広くなる、やたらそうすると締め付けによってグリグリされているんです。それは自覚はないかもしれませんが、隠れカントン包茎の方は実は陰茎に結構な締め付けを感じているんですね。なのでこれを見てて「あっもしかして…!」と思った方、できるだけ普段からむいておく、そこのリングを広げておく事はやり方としては1つありなんですが、なかなか年齢によってはもうそこからは広がらないという事もあるので、そういった場合は包茎手術と出口の部分の締め付けも一緒に除去してあげる。グッと押さえつけるものをなくしてリリースして楽にしてあげるというふうにすると、諸々メリットを感じて頂けると思います!

カントン包茎の治療・注意事項について

萩原:いわゆる締め付けを除去する作業というのは時間が倍かかるわけではないです。いいところ5分程度の作業ですので注意事項等も変わりません!SEXやマスターベーションは1カ月間禁止。

萩原:勃起するとつっぱり感・窮屈感が出ますが、勃起を繰り返すうちに必ず馴染むので1カ月半~3カ月くらいのつっぱり感、これは許してくださいねという話。あとは亀頭が常に出た状態になりますから、今まで皮が余っている状態と締め付けがある状態で完全に慣れちゃっています。中学生くらいからそれでマスターベーションに慣れているような方だと触りづらいんですね。亀頭も常に乾いているし、ギュッとした締め付けもなくなるのでなんとなく鈍った感じがあるんですがそうではない!性感自体は影響はないですからゼリー・ローションを亀頭の部分につけて、ちょっと僕の頭でやりますけど亀頭の部分につけて亀頭での射精に慣らすというふうに繰り返しやってもらうと、問題なく射精はスムースにできるようになってきますので注意事項として同じですね。シャワーも4日目まではペニスは濡らさないようにして、他の部分は頭を洗ったり、脇を洗ったり、太腿から下を洗ったり、身体を濡れたタオルで拭いたりというのは全然OKです。

まとめ

萩原:ペニスを直接濡らすのは4日目からというふうにしてくださいといった注意事項は変わらないので、隠れカントン包茎だと何か大事になるのかな…?というふうに考えずに、そこはどんどんご相談頂ければと思います。意外と隠れカントン包茎は衛生面とか機能面において邪魔ですので。勃起した時もこの部分がちょっとくびれてて本当はもっと太いはずなのにというのは宝の持ち腐れですから、刀はきちんと磨いてあげて、そして戦いに臨むというのがいいと思います。今回は隠れカントン包茎、むくところもちょっと動画で見て頂きました。むいた状態もちょっとキュッとくびれてかんでいますと。でも自分で自覚がない方がいらっしゃる。それが当たり前ですから!生まれてきてからずっとそうしていたので当たり前!と思っているかもしれませんが、実はあなたの包茎…そこが大きな欠点だったんですよという事を分かって頂けると思うので、動画を見て自分でペニスをチェックして「あっもしかして⁉」と思ったら何でも聞いてください‼よろしくお願いします。

タグから選ぶ

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る