院長ブログ

包茎の亀頭の赤みは自分で治せる!?

登場人物

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

剥けない包茎、剥けにくい包茎は亀頭が赤くなる!?

萩原赤が今回のトークテーマでございます。何を言いたいかといいますと、いわゆる、むけない包茎、むけにくい包茎の方々に、非常に共感を得るテーマだと考えているんですが、「むけないッ!」っていう方でもですね、頑張って出口の部分、要はおしっこの出口、尿道口と呼ばれるあたりが、ちょっと見える、もしくは、その尿道口が全部出るぐらいまではどうにかむけるよ、痛いんですけれども、先っぽに触れると、電機がビリビリビリビリってくるような痛みがある方、いらっしゃいますよね。あの、そこは、卒業したよっていう方もご覧になってるかもしれません。全部むいてみた時に、ここにすんごい締め付けがある。

萩原:もっともこの辺までむけない方もここにすごい、強い締め付けがあるんですが、これは、絞扼輪といって、出口の部分が締め付けが要はきっつい輪ゴムがついてるんですね。もしくはきっつい針金が付いてるんです。それを抜こうと思ったって、どうやっても亀頭の山は越せないよって方もいらっしゃるし、無理くり越したところで、今度戻せないよって方もいらっしゃると。そういう方の亀頭は総じて、結構赤い、そして、触るとビリビリビリビリビリ…ってくるわけですね。

正常なペニスの成長とは

萩原:これは、亀頭の感覚としては非常に正常なんです。赤ちゃんの頃から、皆完全な真性包茎で生まれてきて、癒着と呼ばれる、皮の内側と亀頭がくっついた状態になってます。で、成長とともに出口の部分が広がってきて、ぎゅーっと皮の狭さを亀頭がおっきくなるごとに広げてきて、このくっついている亀頭と皮の内側がだんだんだんだんノリがはがれるようにはがれていく、というのが言ってみたら正常のペニスの成長なんですね。

外の刺激になれていないとペニスがビリビリ!?

萩原:ところが、圧迫が強い、あるいはペニスの成長が圧迫によって妨げられた、大きくもともとならないペニスの場合は、ずーっと被ったまんまで、亀頭もなかなか出にくい状態の中で、「成長終わり!」になってるわけです。外の刺激に慣れてないので、言ってみたら生傷が外に出た状態の感覚なんですね。

萩原:で、擦り傷なんかに、例えば、お風呂に入った時にツーン!と染みるような感じであるとか、口を切った時に、お醤油だったりあるいは熱いものを食べた時に、ビーンッってくるような感覚、これがずっと慣れないわけです。怖いからまた、戻しちゃうよ、で、結局包茎のまま、エンドレス包茎になるよ、っていうことになってしまうと。

包茎は少しずつ慣らすと剥けてくる

萩原:一生このままなのかっていうと、そうじゃないですね、どっかのタイミングで頑張ればむける・むけないはあまり無理をしない方がいい。お風呂に入った時、あるいはシャワー浴びてる時、ペニスの包皮が温まった状態で、ちょっとずつ、3〜4ヶ月から半年ぐらいかけて、むいていく。ここの、出口の締め付けがゆるくなる、ゆるくなる、だんだん中がくっついていつ人は、はがれてくる、ようにしていくっていうのは非常に意味があることなんです。

無理やり剥くと大変な事になる

萩原:ところが、あまり無理をしちゃうと、戻せなくなっちゃう。救急病院で診てもらう方とか、あるいは、我々のクリニックに、駆け込みで来られる方とか、1年間で数人いらっしゃるわけです。あんまり無理はしない事。で、この亀頭の部分っていうのは、外の刺激にいつかは慣れるんです。皆、小学5〜6年生から、中学生、高校生ぐらいの時に、人知れずですね、あんまり人には言わないと思いますけれども、頑張って、ちょっとずつむいて慣らす、ちょっとずつむいて慣らす、もう、学校ではとてもじゃないけどむいたままは過ごせないので、お家にいる間はむいてるっていうのを繰り返して、修行してきて…今がある!っていう方もいらっしゃるわけですね。

萩原の体験談

萩原:私は、割とその部分をサボっていたので、むくようにはしてたんですがやっぱりビリビリしちゃって、戻すっていうのを大学卒業まで続けてしまっていたので、その頃までは非常に亀頭が敏感で、早漏であったと、いうのは何度もお伝えしている通りです。まだ私の場合はできるだけ普段からむいておいて、それで運動したりしていましたので、徐々に徐々に慣れていくのを待ったわけですね。だんだんと亀頭が慣れていくと、この赤い状態、徐々に普通の亀頭の色になっていく。なんだかジメジメしたような色合い、よわーい、いかにもすぐやられちゃいそうな赤い色、よりは、だんだん強い色に変わってくる。とにかく、亀頭の色はだんだん変わってきて、強くなってく。乾いた状態が維持されるようになると、大分こう弱々しい色から、普通の色になってくる。その頃には触った時に、ビクビクッってする感じが、徐々にマシになってきます。いつかは、皆、乗り越える峠なので、今、やってるけれどもなかなか強くならないよ、もう、気持ちが折れそうだよっていう方、頑張りましょう。

萩原:無理をせずに、でも、頑張りましょう。亀頭の赤みはいつかは変わる。

萩原:いつか、赤みからちょっと、茶色みがかった色に変わってくる、っていうふうに信じて、やっていただければと思います。必ずしもですね、手術をばっかりをすすめる動画ではありません。自分でできる事はやってみて、それでもダメだったら、その時にまた、手術を検討していただければと思います。

まとめ

萩原:今回は、赤色の亀頭は、いつか強くなってくる。この赤色の亀頭は、絶対に変わってくるんだ強くなるんだと信じて、亀頭が赤色のみなさん!頑張ってください!今回は、亀頭が赤色の敏感な人たち、もう触っただけでビリビリする感覚が痛々しいって思う人、いるかもしれませんけれども、必ず強くなるよという話をしました。ありがとうございました。

タグから選ぶ

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る