院長ブログ

【包茎手術・増大手術】高額請求される、煽り手術に要注意!

出演者情報

萩原 靖洋:美容クリニック業界で25年のキャリアを持つカウンセラー。2万件以上のカウンセリング経験があり、自身も複数の治療経験有り。

ホーヒー:『お医者さんは言わない話!包茎増大 本音をYouTube』チャンネルのマスコットキャラクター。

あおり手術って何?

萩原:カリ高っ!こんにちは、事務長の萩原です。

ホーヒー:ホーヒーです。

萩原今回はあおり手術の危険性についてお届けします。

ホーヒー:俺も1回車の後ろビタ付けされて、すげーあおられてさ。あれ、怖ぇーし。腹立つんだよな!

萩原:ホーヒーが言ってるのはあおり運転のことだと思うんだよね。確かに怖いし腹も立つんだけれども、あおり手術もそれに近いものがあるし、お金が絡んでる話なだけにシビアかもしれません。

ホーヒー:あおり運転の話じゃないの?手術であおるってなによ?医者がメス持って追っかけてきてあおるのか?

萩原:患者様の状態に対して、この状態はよくないと不安にさせて、それを解決するにはこの方法がベスト、やらないと一生後悔するっていうふうにとにかく不安をあおって手術を受けさせる商法のことなんです。

ホーヒー:どんなあおり方だよ。病院やクリニックがそんなあおるとかあるの?

萩原:これは包茎クリニックだけではなくて、美容クリニックでもやられている手法なんだけれども、包茎クリニックだと診察でペニスを見せると、この包茎の状態はヤバイ、すぐ治さないといけない、一番いい方法でやらないとよくないよとか不安をあおるわけですね。亀頭が小さすぎてセックスで満足させられてないはず、女性は全く満足してないから浮気や離婚の原因になるよとか、ブツブツが多すぎてこれは女性が引いてしまう、こんなペニスでセックスをさせられる女性がかわいそうとあたかも性病かのように言う。もう本当に不安で不安で仕方がなくなっちゃうわけです。

ホーヒー:言ってる奴らは立派なおちんちんなのか?って話だよな?

萩原:それは見てないから分からないですけれども、少なくとも実際に今、包茎手術とか亀頭増大なんかを受けてるカウンセラーとかドクターがいるっていうのはあまり聞いたことはないので、私は受けてる経験者なのでそのあたり詳しくお話できるんですが、本当はそういう患者さんたちと似たり寄ったりなんじゃないかなっていうふうに思ってます。

ホーヒー:断っちゃえよそんなのって思うけどな。とはいえ、めったにそんな話ないんでしょ?あおんねぇよ。

あおり商法やってるクリニックは多いの?

萩原このあおり商法は結構業界ではメジャーな話で受けた患者様も終わったあとに冷静になって考えて、必要ないことやらされたんじゃないかっていうふうに思うわけです。こんな高額だったのになんでやっちゃったんだろうって思うわけです。そのあとにクリニックに問い合わせをします。「あの手術すごいあおられて受けたけど、本当に必要だったんですか?他のクリニックのサイトなんか見てもそんなこと書いてないし、お宅のサイトにも書いてないじゃないですか?」って言うと「納得して受けましたよね?」っていうふうに人が変わったような感じで取り合ってもらえない。泣き寝入りか結構時間がかかることも想定して覚悟を決めて訴訟を起こすかということになっていきます。

ホーヒー:せっかく勇気出してクリニックに相談してんのに最悪じゃん。

萩原:そうですね。最悪だと思います。たくさん広告が出てるテレビでCMしてるからまともなクリニックって思いがちなんでしょうけれども、とんでもないクリニックは非常に多いわけです。私が思うにまともにやってる全国チェーンのクリニックってどこなの?って不思議に思うぐらいこういったトラブルの報告は絶えないです。患者様から名前が出るクリニックっていうのは総じて広告でもそうだし、雑誌でもそうだし、テレビのCMなんかもやってるっていうところが多いので、ガンガン流してるわけですね。広告費をものすごくかけてる以上、どうしないといけないかっていうと治療費上がるっていうのは言ったら必然なわけです。1人あたりだいたい70~80万円ぐらい頂戴しないと運営が成り立たないっていうふうに思います。あおればあおるほど患者さんは不安になって、高額な治療でも受けてくださるので、どんどんそれがエスカレートしていってる結果が今の包茎クリニックの業界全体の問題なんじゃないかと思ってます。

ホーヒー:病院だろ?それでいいの?

高額請求は正当なの?

萩原自由診療の場合、料金はクリニック側が自由に決めていいってことになってます。どれだけ高額であったとしてもそれは受けた患者さんが納得をしたわけだからという理由で通ってしまう、罰せられることもないというのが現状です。病院やクリニックはまともな人が運営してると思ったら結構それは大きな間違いで、ビジネスって捉えてるところもあります。それ自体は悪くはないんですけれども、それがちょっと行き過ぎてる帰来があるかなと思います。特に包茎だけではなくて薄毛系なんかもそうなんですけれども、コンプレックスを解消するようなクリニックに関してはやっぱり気を付けたほうがいいです。

コンプレックスに付け込む商法に注意!

あおられてあおられてあおられて不安になって高額を出す。やっぱりコンプレックスを治したいと思ったらそうなっちゃうから、そこをまあ、言ったら目をつけられてる、足元を見られていると言えるかもしれないです。

高額請求されない病院選び

ホーヒー:どうやって気をつければいいのよ?

萩原:業界のタブーを恐れずに言うならば、私はあえて全国チェーンのクリニックは外すっていう選択肢がいいんじゃないかと思っています。広告をガンガンかけているところはやっぱり回収のためにそういう営業って不可欠なわけです。あおり、吊り上げて、医者のバックレはしょっちゅうある話なんですね。個人のクリニックか代表のドクターが目の届く範囲、2~3軒ぐらいだと思うんですけれども、せいぜいそういう規模のクリニックであれば安心かなと思います。もう一つは担当するドクターの顔写真が出ていること、名前が出ていること、出身大学や経歴がきちんと出ていること、これは少なくともチェックをしたほうがいいと思います。東京都内や関東でそういう探し方をしたとすれば多分、95パーセントぐらいはもう端折れるんじゃないかな、選びやすくなるんじゃないかなっていうふうに思います。私も25年以上業界にいて、上手だなって思うドクターはたいがい独立して個人のクリニックを運営されてます。

ホーヒー:じゃあ、そこ探せばいいじゃん。

萩原:そうなんですよね。そうなんですけどもやっぱり規模の小さいクリニックっていうのは言ったら売り上げもどうしても知れてる。テレビCMを出す、インターネットサイトの広告をガンガン出す、雑誌に出す、スポーツ新聞に出すっていうふうに知名度を上げようとしてやっていくと、とてもじゃないけどまともな治療、まともな金額では無理です。これはもう断言できます。一般の方たちの目にどうしても触れにくいんですけれども、それでも私が業界に入った24~25年ぐらい前から比べるとインターネットがここまで充実してきているので、いろんな方が小さなクリニックでも情報収集できるようになったっていうのは利点だと思っています。

ホーヒー:じゃあ、今の探し方で探せばいいよな。

萩原:そうですね。少なくともさっき申し上げたドクターの顔写真が出てる、名前が出てる、経歴が出てるっていう中でその人が確実にやりますって約束をしてくれるクリニックであれば、初めて予約などのアポイントを入れていいんじゃないかなと思ってます。今回はあおり商法、本当にあおられてあおられてあおられて高額を取られる、あとで後悔するっていうケースはあとを絶たないのであおり商法には気をつけろ!これを伝えたいと思います。ありがとうございました。

ホーヒー:ありがとうございました。

包茎手術増大手術院長ブログ

【包茎手術】包茎クリニックで本当にあった料金トラブル

包茎手術増大手術院長ブログ

【包茎手術】経験者が語る包茎手術の都市伝説4選

包茎手術増大手術院長ブログ

【包茎手術・増大手術】当日の料金割引には気を付けろ!

包茎手術増大手術院長ブログ

【包茎手術・増大手術】高額請求される、煽り手術に要注意!

包茎手術増大手術院長ブログ

亀頭増大は詐欺治療?悪徳クリニックの手口

包茎手術増大手術院長ブログ

第109回日本美容外科学会に参加してきました

包茎手術増大手術院長ブログ

おかげさまでフェアクリニック川口は1周年を迎えました!

包茎手術増大手術院長ブログ

亀頭増大し放題プラン29万円、スタート!

包茎手術増大手術院長ブログ

年末年始の休診のお知らせ(12/31~1/3は休診となります)

包茎手術増大手術院長ブログ

完全無痛麻酔で痛みなく受けられます。

包茎手術増大手術院長ブログ

フェアプライスで受けやすく

包茎手術増大手術院長ブログ

長茎術(ちょうけいじゅつ)で勃起の角度は下がらない?

包茎手術増大手術院長ブログ

陰茎増大で長茎(ちょうけい)効果?

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る