院長ブログ

亀頭増大で壊死する可能性があるって本当?

登場人物

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

亀頭増大のリスクについて

萩原:こんにちは、萩原です。今回はですね、結構これもよくいただくご質問ですが、亀頭増大を行う時にどんなリスクがありますか?というご質問いただく中で、壊死する事はありますか?というふうに聞かれることがあります。ネットで検索をするとですね、「亀頭増大 壊死」なんていう言葉が出てくることがあります。壊死ってなに!?というと、「壊れる」「死ぬ」って書くんですよ。怖いですよね。壊れて死んじゃうんです。皮膚が壊れてしまって、死んじゃって、ダメになっちゃう、ということです。亀頭がそんな事になったら、それはとても困ります。患者様も困るし、クリニックも困るわけです。なので、そういった事がないように、最善の注意を払いながら治療していきますよというお話です。

亀頭増大で壊死!?

萩原:壊死というのは、指先に輪ゴムや針金をグルグル巻きにしたとして、1〜2日放っておくと指先には血の巡りがなくなってしまう。血行が悪くなってしまって、指先が腐って落ちちゃう…。壊死ですね。包茎の状態でいうと、カントン包茎と言って、亀頭に対して出口の部分が締め付けていて、むけない状態を無理してむいた時に、放っておくと亀頭がダメになってしまって、落ちちゃう。これが壊死ですね。本来は、血の巡りが良くて、栄養が皮膚表面にいくはずのものが、遮断されてしまうことによって皮膚がダメになって、死んじゃう状態をいうわけです。

どんな治療でもリスクは0ではない

萩原:亀頭増大に限らず、これはお顔の注射剤であるとか、あるいは、胸に女性がヒアルロン酸や脂肪などを入れて大きくする豊胸だったり、あとはお尻の部分に注射剤を入れてお尻の形を整えるなんて治療もあるんですけれども、どの箇所でも注入をした場合、リスクとしては0ではないんです。どうしても永続的に残る素材、長くもつ素材というのはそういうふうになるかっていうふうに思われがちですけれども、実はヒアルロン酸であっても、コラーゲンであっても、ご自分の脂肪であっても起こりうることなんです。もちろんどのお医者さんも気を付けてます。フェアクリニックでいえば柴田院長も山本先生も、その部分に関しては細心の注意を払うと。まず何を考えるか、素材が安全であるかどうかということを考える、実績があるかどうか、長年使われてるかどうか、そこをまず考える。あとは、入れる部位であるとか、あるいは入れる量ですね。たくさん購入して注入していただくともちろん大きくなりますし、クリニックにとっても売上としては大きく変わってくるので、ウハウハではあるんですけれども、かといって安全性を損なってはなんの意味もないわけです。

壊死はそうそうなる事はない

萩原:異様に痛いに加えて、黒い炭のような内出血、亀頭の色になってしまうという場合は、血液が上手く亀頭表面に行き渡っていなくて、だんだんとダメになっている色、腐ってきている色というふうに思った方が良いです。注射した後というのは、多かれ少なかれお顔の部分なんかでもそうなんですけれども、青たんと呼ばれる状態だったり、ちょっと青黒い感じににある、赤黒い感じになったりするので、その区別は正直一般の方にはつきにくいです。今申し上げてる壊死という状態というのは、まぁなる事ではない。例えば私がフェアクリニックで柴田先生とか山本先生と一緒に組んでやっていて、そういう症状というのは正直に言うと見たことはないです。ただ、よその病院さんも含めて考えるとゼロではない。

注入治療のすべてにおいてリスクは少なからずある

萩原:亀頭の増大だけに限らず、お顔のヒアルロン酸注射であるとか、頬の部分の脂肪注入、胸もそうです、お尻そうです。注射する治療、注入治療においては、すべてにおいてリスクとしてはありえます。色んなクリニックのホームページにもそうですし、承諾書にも書いてあると思います。ケースとしては非常に稀ですが、ゼロではないので、今申し上げたようなサインが出てる場合。異様に痛い、痛みも半端ないです。もう一つは色味。黒い炭のような色が出てきてしまったという場合はご心配であればまずはクリニックにご連絡をすること、これが大事です。

心配になったらすぐにクリニックに連絡する事が大切

萩原:よその病院で受けてる方で、この番組見てる方は「やべぇ!心配!」と思ったらまずクリニックにご連絡をすること。良心的なクリニックであれば痛みの度合いを聞いてきます。もう一つは、ズキンズキンというリズミカルな痛みを訴える方がいらっしゃるので、そこも一つの目安になるので、そういったこともクリニックによっては聞いてくれると思います。あとは、今はこれだけスマホが流通してますので、写真を撮ってクリニックにメールする、あるいはクリニックにLINEすることによって、ある程度判断はつくので、見てもらって「これはちょっと来てもらった方がいいな」という場合は、クリニックも呼ぶでしょう。

萩原:ちゃんとしている病院であれば、ちゃんとしてる先生であれば、これは念の為見せてもらった方がいいね、というふうになると思います。「よくわからないな」という病院は、最初からそういうとこを選んでしまったのが不幸だと思った方がいいです。実際にクリニックに行ってみて、きちんと中の素材を出すとか、溶解するとか、そういった対応もしてくれますので、してくれない病院の場合は、ちょっとヤベェと思った方がいいです。まずは病院に相談してみること、クリニックに相談してみることが大事だと思ってください。

まとめ

萩原:今お話してるケースというのは相当なレアケースで、実際に色んなクリニックも含めて壊死を起こすケースなんていうのは、非常に稀なレアケースなんだろうと思います。ただ、ゼロではないので、そういった兆候がある場合は、まず受けたクリニックに相談する、症状をきちんと伝える、ただ単に「痛い」ではなくて、どういう風に痛いのか・どういう時に痛いのか、これが大事です。そして色味などもしっかりと伝える。一番いいのは画像を撮って送る。変に明るい場所だったり、暗い場所だったりすると、なかなか判断がつきづらいので、蛍光灯の明かりの下でちょっとスマホを離しめにして、写真撮っていただく。ピンぼけしないようにというふうにしてもらうと、判断つきやすいんじゃないかなと思います。もしかして、亀頭増大後に壊死してるんじゃないの?と心配の方向けに、動画を撮ってみました。なにかの参考になれば嬉しいです。よろしくお願いします。お大事にして下さい。

タグから選ぶ

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る