院長ブログ

ペニスのぶつぶつ除去を徹底解説!

登場人物

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

ホーヒー:マスコットキャラクター。

ペニスのぶつぶつの除去ってどうやってるの?

萩原:こんにちは。萩原です。

ホーヒー:ホーヒーで〜す!

萩原:今回ホーヒーなんでしょうか?

ホーヒー:ブツブツを再発させないための、工夫ってなによ!?です。

萩原:いわゆる「ブツブツの除去ってどうやるのよ?」という事なんですけれども、ブツブツは包皮腺とかタイソン線とか、真珠のような小さな丘のブツブツ、という意味ですね。真珠様小丘疹、というものであったり、陰茎の部分なんかにできてるものを総称して、フォアダイスと呼んだりであるとか、あるいは、玉袋の部分なんかにできる、石灰沈着症とか、あるいは粉瘤などと呼ばれるものがあります。

ペニスのぶつぶつにも色々種類がある

萩原:それぞれ微妙にでき方としては違ったりするんですけれども、概ね分かってる事というのは、ウロコ状にですねブツブツと中に何かが詰まっているというよりもですね、皮膚がその形になっていると思ってください。ブツブツ出てくるわけです。特に包茎の方なんかだと、ずっと鎖状にですね、プヨプヨっていう感じでたくさんブツブツが出ている、裏側の部分も、小帯と呼ばれるスジを中心に、両サイドにできている。あるいはカリ首の部分にも出来ているというケースがある。陰茎の部分にもある、袋の部分にもある、というような場合があります。

フォアダイスは性病のコンジローマに似ている

萩原:これをまとめて、フォアダイスというふうに呼ばれるんですけれども、でき方がすごくコンジローマという性病に似ていたりするので、温泉なんかでパッと向きました、あるいは勃起をして女性の前にペニスをドヤッ!て出しました、っていう時に、コンジローマと勘違いされちゃうことがあるんですね。実際コンジローマじゃないのに、性病じゃないのに、そう思われちゃう、こんな嫌な事はないわけで、じゃあどうしたらいいかというと、炭酸ガスのレーザー、CO2レーザーであったりとか、あるいは高周波のメスで削って取るわけです。

レーザーで削っても大丈夫なの?

ホーヒー:どんだけいいレーザー使ったって、削ったら凸凹するでしょうよ。余計目立つじゃん…

萩原:そう、ホーヒーが言うようにですね、患者様の中にはレーザーで削って取ると、余計に赤く残ったままで、あるいは、凹んでしまって目立つんじゃないの?ってご心配される方がいらっしゃるんですけれども、ご安心ください!非常に質のいいレーザーや、高周波メスを使って行う場合というのは、一定の深さでザーッとブツブツを削っていくんですね。そうすると一時的にベコッと凹んだような感じで、すり傷を作ってあげる。あかすりをゴシゴシゴシゴシするような感じで、ブツブツを平らにしてってやると、赤く凹んだ状態になります。ヒジとかヒザをすりむいた時と同じ状態。その皮膚が戻っていく時には、平らになってツルツルになってるんです。ある程度戻ってきた時に、また膨らまないように、ちょっと多めに削ります。ていう風にしておくと、きれいな平らに治ると、いうことなんです。

ぶつぶつを取った後、赤みは治る?

ホーヒー:赤くなったままとかイヤじゃん…

萩原:赤みに関しては、ほんとにビックリするんですけれども、約1〜2ヶ月から、かかる方でも3〜4ヶ月もすると、だいぶきれいな状態、元の色に戻ると思ってください。でも、不思議な事に凸凹はないんですね。

ぶつぶつは再発する?

ホーヒー:再発するんでしょ〜?

萩原:いわゆる包茎の方で、ジメジメして汚れやすかったりすると、また出来てくることっていうのは、あるはあるんですが、同じようにというのはあんまり見た事がない。私も、30年近くブツブツの患者様対応してますけども、2回目・3回目来る方っていうのは、10年に1件あるかないか、ほんとにそれくらいレアです。他所の病院さんなんかで、このブツブツっていうのは「やってもやってもすぐに出てくるから、相当深くまでやんなきゃいけないよ」みたいな感じで、「オプション的に深く削ります」みたいな事を言ったりだとか、もちろんそれは余計に費用がかかるんですけれども、さらには「包茎手術も絶対やらなきゃいけないよ」みたいな事を言われるそうなんですが、それは本人が困ってなければ別にいらないんじゃないの?包茎手術まではしなくていいんじゃないの?っていう風に思います。ただ、実際にジメジメしてるとできやすいっていうのは事実なので、あまりにも繰り返すようだったら、それも一つの方法ではあると思ってください。

治療動画

※実際の治療映像は記事トップの動画から御覧ください。

萩原:実際にですね、どういう風に治療するかっていうのを、モニターの患者様の状態を一緒に見てみたいと思います。ちょっと…痛々しいぜ…!?

先生:麻酔からしますよ。はい、チクッとします。レーザーあてていきます。

萩原:今レーザー当ててますが、どうですか?

患者:あんまり感覚はないですね。

萩原:はい。隅から隅まで削られた感じです。白く残ってるところも見えるかもしれませんが、それはもう、かさぶた状に浮いているような状態だとお考えください。

治療後の状態

萩原:治療の直後はじわーっと出血することがあります。それはもう1〜2日で止まってくれるので心配は、いりません。

治療後の注意事項

萩原:なお、ブツブツ治療後のですね、注意事項としましては、まず性行為は2〜3週間禁止、それと、シャワーはその日から浴びてもらってOKです。ただ、患部は濡れないように下着を履いたままで頭を下げて、頭を洗う、脇から下洗う、太ももから下洗う、体は濡れたタオルで拭く、などという風にしてください。擦りむいた状態と一緒ですので、激しく動いたり、トレーニングしたり、ジョギングしたりすると、擦れて違和感があります。火傷あとのようなヒリヒリ感がありますので、そこだけちょっと気を付けていただきたいので、しばらくは激しく動くことは気をつける、という風にしてください。

治療後の痛み

萩原:痛みに関しては、ヒリヒリ感・擦りむけた感が数日間ありますが、これも引いてきますので安心してください。皮は多い状態のままで治療を受けた方は、むくみといって、亀頭の下の部分に余った状態の皮がブヨブヨっと膨らむ事がありますが、それは一時的ですので、心配はいりません。

まとめ

萩原:亀頭や、陰茎の部分や、袋の部分にあるようなブツブツに関しては、炭酸ガスのレーザーや高周波のメスで、やや深めに削ってあげる。最初のうちは赤み…擦りむいた状態になって、じんわりと出血もあります。薄くかさぶたができて、はがれてくると、つるんっときれいな状態になる。シミ取りとかホクロ取りイボ取りと、同じような要領だと思ってください。かなりきれいになります。再発もなかなか見られない。その代わり、あんまり小っちゃなものを追っかけて取っていくと、凸凹しちゃう事がある。レーザーの力や高周波メスの力の方が勝ってしまって、ペコンっと凹んでしまうといけないので、そこはドクターの塩梅で多少残したりはしますが、概ね目立つものは取れるので、後々も気になるというのはほぼ聞いたことはないです。なので、ブツブツ気にされてる方、まずはコンジローマなのか、それとも心配しなくていい性病ではないものなのかっていう判断をクリニックに仰いで、レーザーや高周波メスできれいに取れるんだという風に思ってください。

ホーヒー:再発もなくて、あともなくて、治るなら…よしッ!!!

萩原:はい、安心してご相談いただければと思います。また、よろしくお願いします。

タグから選ぶ

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る