院長ブログ

治療動画でお伝えした内容をブログ記事でご紹介しております。

【包茎手術】根部切開法ってどんな治療?陰毛で傷跡が隠しやすい?

登場人物

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

チップさん:患者様(27歳)

Q1.包茎手術(根部切開法)を決めたきっかけは?

チップさん:包茎手術が気になってはいて、調べていくうちにやり方が何種類かある事がわかって、インターネットで見れるじゃないですか、出来上がった後のペニスを。見ていくうちに根部切開法の終わった後の方が自分的には出来栄えがいいような気がして、調べてみましたが、あまり根部切開法をやっているところがなくて、フェアクリニックはやってるということで連絡してみました。

Q2.亀頭直下法ではなく根部切開法が合うと思った理由は?

チップさん:内ばんが亀頭直下法では完全になくなってしまうので、残したいっていうのが一番大きいですね。

Q3.手術前の心境を聞かせてください!

チップさん:緊張はしてるんですけど、一番心配なのが麻酔の一発目の注射が痛いかなというのがすごい気になりますね。

※【閲覧注意】モザイク無しの治療映像(裏ペニサプ)はこちらから!

Q4.手術の感想を聞かせてください!

チップさん:麻酔ってすごいなって思いました。麻酔を打つ時は普通の注射と同じ感じでしたけど、効いちゃえば切られている感覚はなかったです。

包茎手術の種類と根部切開法について

萩原:こんにちは、萩原です。今回、包茎手術の中でもちょっと珍しい術式を紹介いたします。フェアクリニックではですね、包茎手術は基本的に亀頭直下法、亀頭直下埋没法と呼ばれる、亀頭のカリ首の下の部分で皮を切って縫い合わせましょうという方法で行います。傷はカリ首のカサの下の部分、軒下で隠すというやり方です。シワも寄ってきて目立ちにくくなるのと、勃起時の長さ、平常時の長さともに余分な皮がしっかりと取れるという点がメリットなのと、平常時も勃起時もむけた状態を維持しやすいという点がメリットと考えています。

萩原:年間で十数人くらいの方がバックカット式、根部切開法を希望する方がいらっしゃるので、フェアクリニックでは亀頭直下法もやるし、バックカット式の根部切開法でもやっているんです。なかなかですね、日本国内で両方の手術対応しますというところは珍しいと思います。約20年前に流行った手術方法、根部切開法・バックカット法なんですけども、今やっている病院はほとんどないので、若い先生方はやったことがないっていう人は結構いらっしゃると思います。

根部切開法ってどんな手術?

萩原:では、どういうことをやるかっていうと、フェアクリニックのWebサイトでも結構書いてるんですが、手術前の皮がかぶった状態、これをぎゅっとむくと亀頭がでてきて余った皮が集まってますよと。根部切開・バックカットを受けるには、根元で皮を切って縫うんです。

萩原:亀頭直下法はカリ首の下の部分で切って縫ってますが、ここで切って縫います。そうすると傷はですね、完全な根元よりもちょっと上にいきます。シワに沿って目立ちにくいような切除方法を行っています。亀頭直下法だと傷はカリ首のあたりにくるんですが、根部切開法の場合は根本のあたりになります。平常時と勃起時の長さの差を引っ張って測って、余分な皮をデザインする。デザインは根元の部分でします。根元で切除し、縫い合わせるということをやるんですね。手術の時間は亀頭直下法とそれほど変わるものではないです。

根部切開法の傷跡は陰毛で隠しやすい?

萩原:手術後はどのようになるかというと、陰毛で隠しやすい箇所に傷がくるんですけれども、バックカット式の場合はとうしても内ばんといってピンクの皮の部分を残すので、ここはあまり伸び縮みしてくれない皮ですから、いっぱいっぱいまで取っちゃうと今度勃起時につっぱっちゃうんですね。それを避けるために多少残し気味にするんです。そうすると期間が経つとしっかりと出ていた亀頭がちょっとかぶり気味になる、半分くらいまでかぶり気味にある、あるいは先の方までかぶっちゃうというようなケースも報告があります。

萩原:亀頭直下法の場合というのは比較的カリ首の下で切って縫っても傷ってこの位置から動かないんですが、根部切開法・バックカット式の場合は根元の位置からちょっと前に出てくることがあります。皮膚に余裕がでてくるのでちょっと前にでてきちゃうということがあります。基本的には陰毛で隠れるというと内ばんというピンクのゾーンをなくしたくないという方が多くいらっしゃるので、今でもやっている術式なんですけれども、根元の部分で傷を隠すにあたってちょっと亀頭の方に出てくることがあるかもということをご理解いただければと思います。

萩原:内ばんの部分、余った皮の部分に締めつけがある場合というのは根部切開法をすると締めつけている箇所を中心に浮腫んだ状態が持続しやすい、浮腫が残りやすいので、締めつけがある場合は根部切開法・バックカット式は適さないよという風に思ってください。バックカット式で手術をした場合は締めつけがない方の場合、内ばんという柔らかい素材の皮が残るので、ブヨブヨと浮腫がしばらく残ることがあることをご理解ください。

根部切開後の注意事項

萩原:性行為の禁止期間が約1ヶ月間というのは根部切開法も亀頭直下法も同じですね。シャワーの注意事項なんかも4日間濡らさないようにして、当日からそれ以外の部分は洗ってOKです。4日目から濡らしても大丈夫という風に思ってください。抜糸式でお受けになる場合は2週間後の抜糸、これも亀頭直下法と同じですね。勃起した時のつっぱり感というのは亀頭直下法ほどではないにしても多少はありますので、つっぱり感や窮屈感はでますけれども、必ず馴染むと思ってください。今回はモニターをご希望いただいたので撮らせていただいたんですが、根部切開法についてお伝えをいたしました。ご覧いただきありがとうございました。

【男性公式】フェアクリニック川口 > 院長ブログ > 治療について > 【包茎手術】根部切開法ってどんな治療?陰毛で傷跡が隠しやすい?

川口院

  • 川口院

住所

  • 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-3 小田倉ビル2階GoogleMap >
  • 電話受付 10:00~20:00

0120-727-242

東京院

  • 東京院

住所

  • 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 日本橋さくらビル6階GoogleMap >
  • 電話受付 10:00~20:00

0120-727-242