You are currently viewing 巨チン(きょちん)とは?何センチ?巨チンを目指せる手術3つも紹介!

巨チン(きょちん)とは?何センチ?巨チンを目指せる手術3つも紹介!

「ペニスを大きくしたい」「大きなペニスにあこがれる」というご相談を、多くいただきます。

大きなペニスの俗称である、「巨根(巨チン)にしたい」と言ってこられる人もおられます。


今回は、「大きなペニスとはどのようなサイズを言うのか?」「どういった方法でペニスを大きくするのか?」について、解説します。

巨チンとは?何センチから?

「大きなペニス」とは、具体的にどのようなサイズのペニスを指すのでしょうか?

「背が高い」と同様に、人によって「ペニスが大きい、小さい」の基準、とらえ方は異なります。

ペニスのサイズを統一の計測方法で、医療機関や公的機関で計測することがないため、正確なデータはないと言えます。

ただ、論文で発表されているもの、健康グッズメーカー株式会社TENGAが2012年に50万人を対象に行った調査等を目安に考えると、「平常時の長さが13センチ、亀頭の直径は3.5センチ、陰茎の直径は3.2センチ」が日本人の平均的なサイズと考えてよいかもしれません。

その数値をある程度超える長さ、太さの場合、「大きなペニス」と考えてよさそうです。

(明確な基準はないため、あくまで「参考」とお考えください)

巨チンの知られざるメリット

ペニスが「大きい、長い」ことで、どういったメリットがあるでしょうか。

銭湯で堂々と歩ける

「男性のシンボル」というくらいなので、ペニスが大きいと自信を持つ人も多いでしょう。

銭湯、温泉、サウナで前を隠すことなく堂々とすることができ、ペニスが小さい人はその様子に憧れるようです。

早漏が改善する

過敏で刺激に弱い包茎の亀頭の場合、射精のコントロールがしづらい「早漏」になりがちです。

亀頭が大きいと皮が常にむけ、亀頭が露出しているケースが多いと言えます。

常に露出した亀頭は乾いた状態で、外の刺激に慣れているため「強い亀頭」となります。

包茎で亀頭が皮で守られ早漏で悩む人は、できるだけ亀頭を露出するよう意識するとよいでしょう。

女性の満足度が上がる

亀頭が大きい、陰茎が太い場合、性行為で女性の膣内を圧迫し刺激しやすくなります。

女性側の性的満足度が上がると、その反応を見ている男性にとってこのうえない自信になるでしょう。

巨チンを目指すための「サプリ」は非推奨

雑誌やスポーツ新聞、ネット等の広告でも「ペニス増大サプリ」などを目にし、「もしかして効果があるのかな」と半信半疑で興味を持つ人も少なくありません。

1日数錠のサプリメントを服用するだけでペニスが長くなる、太くなるなら、増大願望の人にとっては夢のようでしょう。

ただ残念ながら、こういった類のサプリメントは安全性に疑問があります。

どういった会社が、どの国で、どのような原材料をもとに製造しているか、が不明なためです。

こういったサプリを服用し続けたことで、健康被害も報告されています。

厚生労働省は注意を呼びかけていますので、ご注意ください。

巨チンを目指せる手術方法

ペニスを大きくする、包茎を治すには、手術的な方法がもっとも安全・確実と考えます。

どのような方法があるか、目的別に記載します。

ちなみに、最近では「包茎手術はしなくていい。仮性包茎なら特に手術は不要だ」といった声も少なくありません。

しかし、それでも専門医の私が包茎手術をおすすめする理由について、以下の記事で詳しく解説しております。この機会にぜひ1度目を通していただければ幸いです。

【参考記事】:包茎手術をおすすめする理由を手術実績が豊富な専門医が徹底解説

包茎手術

亀頭を常に露出させ包茎を治すには、包茎手術がもっとも確実な方法です。

平常時と勃起時の長さの差を測り、余分な皮をデザインし、包皮を切除・縫合します。

フェアクリニックで行っている亀頭直下埋没法・亀頭直下法は、傷あとが亀頭の真下で隠れ目立ちにくく、周囲に手術を受けたことがばれにくため、業界でもっとも「美しい仕上がり」と評価されている手術法となります。

陰茎増大術

陰茎(サオ)に素材を注入し、全体的なボリュームを出す、重さによって体内に埋まったペニスをだらんと引き出す効果があるのが、陰茎増大術です。

素材は数年で吸収されるもの、永続性のあるものがあります。

皮の余り方、厚みによっては、素材が寄って凹凸が出ることがあるため、医師の診断で適用するかどうか判断を仰ぐことをおすすめします。

亀頭増大術

亀頭のカリ首に素材を注入し、ボリュームのある亀頭にする手術を「亀頭増大術」と言います。

注射のみで約15分で完了する手術のため、「切りたくない」と考える人に非常に人気が高い治療です。

陰茎増大術と同様に、素材によって効果の持続期間が変わります。

数年で吸収されるもの、追加注入で大きさを維持するもの、永続性の高いもの、などがあります。

まとめ:巨チンを目指したい人は、フェアクリニックへご相談を!

安全・確実にペニスを大きくする、包茎を治す方法について、専門医の立場で解説しました。

経験のある医師が診察し、「治療によって効果が出るか否か」の判断を仰いだうえで、手術を具体的に検討なさることをおすすめします。

医師の名前、経歴、顔写真がサイトに出ている、症例写真や症例動画が公開されている、という点も大事です。

しっかりと情報開示ができている医師やクリニックは、信頼できると考えてよいでしょう。

フェアクリニックでは、担当する医師がすべて顔写真付きで紹介されています。

手術方法も動画で確認でき、「どのような術式で行うクリニックか」を開示しております。

まずはフェアクリニックの診察カウンセリングを受け、「信頼できるクリニックか」を判断してください。ご相談をお待ちいたしております。

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://mens.fairclinic.jp/about/