院長ブログ

亀頭増大後の持続期間

亀頭を大きく太くしたい方には、カリ首をふくらませてボリュームを出す亀頭増大がおすすめです。
ジェル状の素材をカリ首に注射で注入し、ボリュームと張りを出すようにします。

亀頭増大後の効果の持続期間は、素材によって異なります。
長く残存する非吸収性のものから、10年ほどのもの、3〜5年のもの、1〜2年のもの、と様々です。

亀頭増大の効果を長く維持できるかは、素材の吸収スピードに関係します。
非吸収性のものや吸収スピードがゆっくりなものの場合、亀頭内の皮膚の厚みを作りやすいため、増大効果が高く効果の維持も期待できます。

同時にカリ首の硬さ・弾力も期待できるため、セックスの際に膣をこすりやすくなるメリットもあります。
大切なのは素材の種類。

診察カウンセリングで素材による比較もご説明いたしますので、ぜひカウンセリングをお受けください。
お待ちいたしております。

院長ブログ

フェアプライスで受けやすく

院長ブログ

陰茎増大で長茎(ちょうけい)効果?

院長ブログ

亀頭増大後の持続期間

院長ブログ

包茎手術の縫合方法

院長ブログ

包茎手術はどの方法がよいか?

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る